鼻毛ででる場合はどうすればよい?対処法まとめ

鼻毛ででる

いつも奥さんから鼻毛でてると怒られるうたたぞう@gdgtnote)です。

鼻毛がででると気づいたときにどうすればよいか、また、他人の鼻毛が出ているときにどうすればよいか対処法をまとめてみました。

自分の鼻毛がでてることに気づいた場合は、鼻毛ばさみや鼻毛カッターを使って必ずお手入れしましょう。

また、他人の鼻毛が出ていることに気づいてしまった場合は、「鼻毛出てるよ」と言っていい関係性があるか考えること、そして、言っていい状況であるかを正しく見極めましょう。

ちょっと言いづらかったりする場合は、鼻毛カッターをプレゼントするのがおすすめです。

どれくらいの人が鼻毛ケアしている?

鼻毛ケアをしているか調査
貝印 | 鼻毛に関する調査(2019)より

総合刃物メーカーの貝印株式会社が実施した調査の結果、普段から鼻毛のお手入れをしているのは男性が62.6%、女性は31.1%と判明しました。

また、パートナーの鼻毛が出ていたときに指摘する人は女性はなんと8割を超え、男性も7割程度の人が指摘するとのこと。

男女半数の人が本音としては「出ないように手入れして欲しい」と思っており、また約2割の男女が鼻毛が出てると魅力が減ると感じるようです。

では、具体的に鼻毛がでてるときにはどうしたらよいのでしょう。

ここからは自分の鼻毛がでてる場合、他人の鼻毛が出てる場合について、対処法をそれぞれ解説します。

自分の鼻毛がでてる場合

鼻毛はフィルターの役割を担う大切な存在ではあるものの、見えてると気になってしまうし、不潔だと感じてしまいます。

なので、自分の鼻毛がでてることに気づいた場合は、エチケットとして必ずお手入れするべきです。

鼻毛のお手入れには、鼻毛バサミや鼻毛カッターを使って切るのがよいでしょう。

なお、鼻毛を無理に抜こうとすると出血の可能性があるだけでなく、鼻の粘膜を傷つけかねないので避けるべきです。

鼻毛ばさみを使う

鼻毛カット用のはさみ

貝印さんが実施した鼻毛に関する調査で一番使われるツールだったのが鼻毛カット用のはさみです。

後述する鼻毛カッターよりも安く手に入りますが、うまく角度を調整しながら切っていく作業がちょっぴり面倒くさいです。

鼻毛カッターを使う

パナソニック 鼻毛カッター エチケットカッター メンズ 眉毛 水洗い ヒゲER-GN51-H

鼻毛ばさみに次いでお手入れ方法として人気なのが鼻毛カッターです。

最近の鼻毛カッターはカット後の鼻毛を吸引する機能がついていたり、水洗いできるのでお手入れが楽ちんです。

うたたぞう
私はパナソニックER-GN51という鼻毛カッターを使ってお手入れしてます!

関連パナソニック鼻毛カッターER-GN51を購入レビュー!毛くず吸引機能がとにかく便利

関連パナソニック鼻毛カッターのおすすめは?全5種類を徹底比較しました!

他人の鼻毛がでてる場合

続いて、他人の鼻毛が出てることに気づいてしまった場合の対処法について整理してみました。

ポイントは、「鼻毛出てるよ」と言っていい関係性があるか考えること、そして、言っていい状況であるかを正しく見極めることです。

うたたぞう
鼻毛カッターを使い始める前は、奥さんから鼻毛でてるからちゃんと抜いて!!っていつも言われてました。。

ちょっと言いづらかったりする場合は、鼻毛カッターをプレゼントするのもよいでしょう。

「鼻毛カッター使ってみたんだけど、思った以上にめっちゃ便利で感動しちゃってさ〜だから使ってみて欲しくて!」的な感じで渡せば違和感ないはずです。

また、男性の場合、毛を処理する商品を自分で購入するのはちょっと恥ずかしかったりもするので、プレゼントしてもらうと嬉しかったりもします。

なお、プレゼントするならパナソニックの鼻毛カッターが間違いないです。

関連パナソニック鼻毛カッターのおすすめは?全5種類を徹底比較しました!

鼻毛でてる場合の対処法まとめ

この記事では、自分の鼻毛がでてる場合、他人の鼻毛が出てる場合について、対処法をまとめました。

自分の鼻毛がでてることに気づいた場合は、鼻毛ばさみや鼻毛カッターを使って必ずお手入れしましょう。

また、他人の鼻毛が出ていることに気づいてしまった場合は、「鼻毛出てるよ」と言っていい関係性があるか考えること、そして、言っていい状況であるかを正しく見極めましょう。

ちょっと言いづらかったりする場合は、鼻毛カッターをプレゼントするのがおすすめです。

  • この記事を書いた人

うたたぞう

ノートと万年筆が好きな20代エンジニアです。 ガジェットや文房具のブログ「ガジェットノート」を運営しています。 愛用する万年筆は「スーベレーン オーシャンスワール」で、ノートは「ロイヒトトゥルム」が大好きです。

-ライフハック