ガジェット

在宅勤務になったのでAmazonで電源タップを探してみた

2020-04-26

Amazonで電源タップを探してみた際のメモです。

電源タップの探し方

Amazonで「電源タップ」で検索し、スポンサープログラムは無視。

評価が高い(星が4つ以上)かつ、気になった商品があれば、タブで開く。

タブで開いたあとは、星が4つ以上だが、星1の評価が大量についていないか?星の割合などをみる。

気になるコメントがないか?

中国系の商品は、ここでボロクソかかれていたりするのできづける。

比較した電源タップ

エレコムの電源タップ(個別スイッチあり)

デスクまわりに置くときにぴったり。


エレコムの電源タップ(一括スイッチあり)

みためが業務用っぽいですが、差込口が7個とたくさんあるのが特徴。

見えないところの配線にぴったり。

サンワサプライの電源タップ(一括スイッチあり)

サンワサプライの電源タップは、とにかく差込口がたくさんあるのが特徴。

ブレーカーが内蔵されており、許容量をオーバーした場合ブレーカーが作動し事故が防止される。

Panasonicの電源タップ(スイッチなし)

Panasonicの電源タップは、スリムなのが特徴。

大きなアダプタを使わい場合にぴったり。

最終的に購入した電源タップ

デスクまわり用の電源タップ

デスクまわり用の電源タップは、エレコムの電源タップ(個別スイッチあり)にしました。

Amazonで高評価を獲得しているエレコム電源タップをレビュー
Amazonで高評価を獲得しているエレコム電源タップをレビュー

続きを見る

テレビ裏用の電源タップ

デスクまわり用の電源タップは、エレコムの電源タップ(個別スイッチあり)にしました。

サンワサプライの電源タップ
サンワサプライの差込口がたくさんある電源タップのレビュー

続きを見る

在宅勤務になって揃えてよかったデスクまわりガジェットまとめ
在宅勤務になって揃えてよかったデスクまわりガジェットまとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人

うたたぞう

ノートと万年筆が好きな20代エンジニアです。 ガジェットや文房具のブログ「ガジェットノート」を運営しています。 愛用する万年筆は「スーベレーン オーシャンスワール」で、ノートは「ロイヒトトゥルム」が大好きです。

-ガジェット

© 2021 ガジェットノート