ガジェット

サンワサプライの差込口がたくさんある電源タップのレビュー

2020-04-29

テレビ裏の配線ごちゃごちゃを解消したく、サンワサプライの電源タップを購入しました。

サンワサプライの電源タップは、電源の差込口が10個あるすぐれもの。

大きさや使い勝手の感想レビューを、たくさんの写真とともにお届けします。

サンワサプライの電源タップ

サンワサプライ電源タップを購入したきっかけ

FF7RをやりたくPS4を購入したこともあり、テレビ裏の電源が足りなくなりました。

テレビ裏の配線がごちゃごちゃしているのも気になり、もう少したくさん差込口がある電源タップが欲しくなりました。

ごちゃごちゃ配線

そこでみつけたのが、サンワサプライの電源タップ。

Amazonで電源タップを探してみた

サンワサプライ電源タップの特徴

雷ガード

内蔵されたサージ低減素子(バリスタ)が、雷から接続された機器を守ってくれます。

雷サージとは、雷が配電性や通信ケーブルに瞬間的な高電圧がかかり、家屋内に侵入すると電気的に接続されている電気製品が破損する恐れがある現象のことです。

差し込み口ピッチが45mm

そこそこの大きさのACアダプタを同時に挿すことができます。

一括ON/OFFスイッチ

接続した機器の電源を一括でON/OFFにすることができます。

ブレーカー内蔵

消費電力がオーバーしたときに、自動的にブレーカーが作動し電源が切れます。

火災事故のリスク軽減をしてくれます。

消費電力が1500Wを超えたらすぐブレーカーが落ちるわけではなく、オーバーした電力の%によってブレーカーが作動するタイミングが可変です。

電力オーバー(%) ブレーカーが動作するまでの時間
135%時 約1時間
200%時 約4〜50秒
300%時 約0.8〜12秒
500%時 約0.3〜4秒

※ 室温25度の場合

絶縁キャップ付きプラグ

トラッキング火災とは、コンセントの挿しっぱなしでホコリが溜まり、そこから発火してしまう火災のことです。

そのトラッキング火災に極めて有効な絶縁キャップがプラグについています。

断線しにくい丈夫なコード

二重被ふくと呼ばれる、導線に2つのカバーがされているので、断線しにくい構造になっています。

壁に仮固定できる

フック付きの穴があいているので壁などに設置することができます。

サンワサプライ電源タップを使ってみた感想

10個ある差込口の配置が素晴らしい

横に5つ、縦に5つの配置になっているので、壁によせる形で配置できてかなりすっきりしました。

スイングプラグ

サンワサプライの電源タップは、スイングプラグになっているので、狭い場所でも柔軟に差し込むことができて便利です。

磁石がついている

サンワサプライの電源タップには、電源裏に磁石がついています。

デスクなどで使う場合は、電源タップを簡単にくっつけることができることでしょう。

オフィスデスクって磁石がくっつくケースがおおいので、相性ぴったりですね。

私はテレビ裏の配線に使用したので、磁石を使うことはできず。

サンワサプライ電源タップまとめ

サンワサプライの電源タップの特徴は、なんといっても電源の差込口が10個あること。

そして、その電源差込口の配置が素晴らしく、壁に寄せて置けるのでかなりテレビ裏配線がかなりすっきりしました。

  • この記事を書いた人
うたたぞう

うたたぞう

ノートと万年筆が好きな20代エンジニアです。 ガジェットや文房具のブログ「ガジェットノート」を運営しています。 愛用する万年筆は「スーベレーン オーシャンスワール」で、ノートは「ロイヒトトゥルム」が大好きです。

-ガジェット

© 2020 ガジェットノート