ロイヒトトゥルム1917

ロイヒトトゥルム1917の手帳2021年ウィークリープランナーをレビュー

2020-09-22

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビー

ロイヒトトゥルム1917の手帳に2021年度版が登場しました。

ウィークリープランナーのバーチカル(縦型)を購入したので、感想レビューをたくさんの写真とともにお届けします。

うたたぞう
ずっと気になっていたロイヒトトゥルムの手帳をやっと購入できました!

ロイヒトトゥルム1917の手帳に2021年度版が登場

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビー01

2021年度版の手帳が9月に発売されました。

ロイヒトトゥルムの手帳ラインナップは全部で6種類。

  • ウィークリープランナー
  • ウィークリープランナーソフト
  • ウィークリープランナーホリゾンタル(横型)
  • ウィークリープランナーバーチカル(縦型)
  • デイリープランナー
  • マンスリープランナーソフト

ウィークリープランナーバーチカル(縦型)を使ってみた感想

どれにするか?かなり迷いました。。

手帳なのでソフトカバーも捨てがたいのですが、ロイヒトトゥルムといえばやっぱり頑丈なハードカバーが魅力の一つ。

結論、ウィークリープランナーバーチカル(縦型)のネイビーを購入しました。

表紙

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビー01

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビー裏表紙

ロイヒトトゥルムといえば、なんといっても頑丈なハードカバー。

ウィークリープランナーバーチカル(縦型)は、ノートブックと同様のハードカバーです。

この頑丈なカバーのおかげで、どんなタイミングでもしっかりと安定した状態で文字を書くことができます。

1ページ目

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビー1ページ目

表紙をめくると、ノートと同様に「PLEASE RETURN TO」を記入するところがあります。

ノートも大事ですが手帳はさらに大切なので記入できるのは嬉しい限り。

カレンダーその1(3年分)

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビーカレンダー3年分01

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビーカレンダー3年分02

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビーカレンダー3年分03

2021年度の手帳には、2020年、2021年、2022年の3年分のカレンダーが載っています。

バレットジャーナルだとここの部分を手書きする部分ですね。
(かなり昔にバレットジャーナルみたいなものをロイヒトトゥルムでやってました)

手書きもいいですが、あらかじめ記入があるのも便利ですっきりしますね。

カレンダーその2(月次ごと2年分)

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビーカレンダーその2

年間カレンダーの次は、月間カレンダーが2年分載っています。

世界各国の祝日 2021

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビー世界各国の祝日

世界各国の祝日その2

世界各国の祝日が記載されています。

プロジェクト計画 / PROJECT PLAN 2021

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビープロジェクト計画

ロイヒトトゥルム1917 ウィークリープランナーのネイビープロジェクト計画その2

52週分の印字と日付ごとのマス目になっている表のページです。

タスクをWBSっぽく管理できそうですね。

ウィークリープランナーページ

さまざまなカレンダーが盛りだくさんでしたが、ここからが本題のウィークリープランナーページです。

一日は7時〜22時まで(うーん、22時までなのか、、夜型人間には厳しい。)

Googleカレンダーと違って、ノートが2箇所記入できていい感じ。

見返しやすいのはデジタルじゃなくてやっぱりアナログだな。

収納ポケット

ロイヒトトゥルムのノートと同様、一番最後のページに収納ポケットがついています。

付属品

ロイヒトトゥルムのノートと同様、シールステッカーがついています。

手帳だけついていたのが、「下敷き」と「エクストラブックレット」です。

手帳の最後数ページは無地罫線になっているのですが、そこで使うための下敷きが入っていました。

また、ポケットに挟み込まれていたのが「エクストラブックレット」です。

どうやらアニバーサリーとアドレス帳とのこと。

まとめ

今回は、ロイヒトトゥルム1917のウィークリープランナーバーチカル(縦型)をご紹介しました。

ロイヒトトゥルム1917の関連記事

もっと他のロイヒトトゥルムをお探しの方は↓の記事がおすすめです!

ロイヒトトゥルム1917の商品ラインナップ
ロイヒトトゥルム1917の種類

続きを見る

ロイヒトトゥルム1917について、もっと知りたい方は下記ページをご参考ください!

ロイヒトトゥルム1917を徹底解説

もっと知りたい方はこちら
  • この記事を書いた人
うたたぞう

うたたぞう

ノートと万年筆が好きな20代エンジニアです。 ガジェットや文房具のブログ「ガジェットノート」を運営しています。 愛用する万年筆は「スーベレーン オーシャンスワール」で、ノートは「ロイヒトトゥルム」が大好きです。

-ロイヒトトゥルム1917

© 2020 ガジェットノート