バレットジャーナルにおすすめのノートは?5つのコツを意識すれば失敗せずに選べる!

2022-03-29

バレットジャーナルにおすすめのノート

自分の考えを整理したり、タスク管理をしたりするのに最適なバレットジャーナル。「これからバレットジャーナルを始めようと思うけど、どんなノートを選べばいいか分からない」このような人も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、バレットジャーナル用のノート選びのコツや、おすすめのノートを紹介します。この記事を読んで、あなたに最適なバレットジャーナル用のノートを見つけてみてくださいね。

バレットジャーナルとは?

まずは、バレットジャーナルについて簡単に紹介します。バレットジャーナルとは、アメリカ発祥のタスク管理術のことです。タスク管理術とはいっても、バレットジャーナルに書く内容は自由に決められます。スケジュールやタスクはもちろんのこと、日常で浮かんだアイデア、将来へ向けた目標や夢などを書くことも。内容を整理する際に、「・(バレット)」を先頭に書くことから、「バレットジャーナル」と呼ばれるようになりました。

バレットジャーナルにおすすめなノートの選び方

バレットジャーナル用のノートを選ぶ際には、バレットジャーナル用のノートだからこそ外せないポイントがあります。ここでは、バレットジャーナルにおすすめなノートの選び方を5つに分けて見ていきましょう。5つのポイントに沿ってノート選びをしていけば、失敗することはなくなるはずです。

<バレットジャーナル用ノートの選び方>

  • サイズ
  • 罫線
  • 表紙
  • ページ数
  • 紙質

順番に紹介していきます。

1.サイズ

バレットジャーナルに使うノートは、A5サイズやB6サイズがおすすめ。A5やB6は、手帳などに採用されているサイズで、書いた内容が見やすく、持ち運びもしやすいです。さらに小さいサイズがいい人は、A6サイズを選んでみてください。A6サイズはスマホくらいの大きさで、あまり書き込まない人はちょうどいいと感じるでしょう。

2.罫線

罫線とは、ノートにあらかじめ印刷されている線のことを指します。バレットジャーナルの場合には、ドット罫か方眼がおすすめです。バレットジャーナルは自由度を求める人が多いので、横に線が引かれている横罫タイプだと、記入できる場所が限られてしまったり、区切り線などが引きにくかったりします。ドット罫や方眼タイプであれば、縦横の線もアレンジしやすく、図形や表も書きやすいです。

3.表紙

バレットジャーナルは使用回数も多く、見返すことも多いため、表紙の種類もこだわりましょう。耐久性を求めるなら、合成革のハードカバーがおすすめです。ハードカバータイプは、バレットジャーナルをおしゃれに見せることもでき、使っていて気分が上がること間違いなし。

また、傷や汚れにも強いので、持ち運ぶ人にも適しています。バレットジャーナルを持ち運びたいなら、ゴムバンド付のノートを選ぶのも1つの手です。ノート自体のふくらみを抑えることもでき、収納もしやすいのがメリット。

バレットジャーナル用ノートを選ぶ際に、デザインが自分好みであるかも重視すべきです。毎日使うものなので、使っていてワクワクするようなノートを選べるといいですね。

4.ページ数

バレットジャーナル用ノートのページ数は、「どれくらいの期間で1冊を使い切りたいか?」で決めるのがおすすめです。1年を通して1冊のノートを使い切りたい人は、150ページ以上あるものを選びましょう。スペースの必要なイラストや表などを多く書き込む人も、150ページ以上を目安に選ぶと使いやすいです。

そして、半年程度で新しいノートに変えたい人は、75ページ程度のものを選ぶのがおすすめ。持ち運びもしやすい厚みなので、持ち運ぶ機会が多い人も75ページ程度のものが適しています。

記入量が少なかったり、3ヶ月程度しか使わなかったりする人は、40ページ程度のノートを選びましょう。日記のようにたくさん書くことはできないものの、スケジュールやタスクなどを箇条書きにして書くのであれば、適切なページ数だと言えます。

5.紙質

バレットジャーナル用ノートは、見返すことが多いです。そのため、裏うつりがしにくい紙質を選ぶなど、できるだけ紙質の良いノートを選ぶと使いやすいと感じられます。滑らかな書き心地や、裏うつりがしにくいノートを選ぶ際には、上質紙を使っているかチェックしてみてください。上質紙は書き心地にも満足できますよ。

バレットジャーナルにおすすめなノート5選

バレットジャーナル用のノートを選ぶ際は、ノートのサイズや表紙カバーの有無、使う期間に応じて適切なページ数を選ぶことが大切です。ここからは、バレットジャーナル用におすすめなノートを5つ紹介します。「どれを選んだらいいか分からない」という人は、以下5つの中から選べば間違いありませんよ。

<おすすめノート>

  • ロイヒトトゥルム
  • クオバディス
  • ライフノート
  • ミドリノート
  • ロディアノート

どれもバレットジャーナルを作るのに適したノートです。

1.ロイヒトトゥルム A5 ドット方眼 バレットジャーナル限定

ロイヒトトゥルムは、ドイツ生まれのノートです。「A5サイズ」「合成ハードカバー、ゴムバンド付き」「ノートの角が丸い」「ページ番号付き」など、バレットジャーナルに必要な機能がそろっています。さまざまな色が展開されているので、自分好みのノートでバレットジャーナルを作り始められますよ。

ロイヒトトゥルムについてもっと知りたい方はこちら

2.クオバディス ノート ライフジャーナル インフィニット A5

バレットジャーナルに初めて挑戦する人の中には、「どんな風にノート作りをしたらいいか分からない」という人もいるのではないでしょうか?そのような場合には、フランス生まれのクオバディスノートがおすすめです。

クオバディスは、バレットジャーナル専用ノートなので、バレットジャーナル作成に必要な項目が全て印刷されています。その枠組みに沿って記入していけばいいため、初心者でも簡単にバレットジャーナルを作れますよ。合成ハードカバー、ゴムバンド付きで、持ち運びもしやすくなっています。

3.ライフ ノート ポケット付 方眼 A5

バレットジャーナル用ノートの相場は2,000円台と、ノートにしては高めです。値段重視でノート選びをしたい人におすすめなのが、ライフノート。1冊1,000円以内で購入できるので、お試し程度にバレットジャーナルを作ってみたい人にも適しています。

他のノートに比べると値段は安いですが、裏うつりのしにくい紙を使用しているので、使い心地にも満足できるでしょう。ハードカバーやゴムバンドは付いていないものの、表紙は分厚い紙でできているので、耐久性にも期待できます。

4.ミドリ ノート MDノート ジャーナル A5ドット方眼

シンプルかつ機能性が高いノートを探している人は、ミドリノートがおすすめです。192ページや48ページなど、さまざまなページ数のノートがあるので、用途に合わせて選べます。

表紙は紙カバーですが別途カバーも販売されているため、気になる人はカバーも合わせて購入してみてください。オリジナルの製本方式を採用しており、分厚いノートでもフラットに開けるようになっています。そのため、どのページでも書きやすく、使い心地にも満足できるでしょう。

5.ロディア ノート ロディアラマ ゴールブック A5 ドット方眼罫

高級感溢れる表紙が特徴的な、ロディアのバレットジャーナル用ノート。カレンダーやインデックスページがあらかじめ印刷されており、バレットジャーナル用のノートとして最適です。「合成ソフトカバー」「ゴムバンド」「ページ番号」付きなので、使いやすさも感じられますよ。

まとめ:とっておきの1冊を見つけて、自分だけのバレットジャーナルを作ろう!

バレットジャーナル用のノートを選ぶ際には、表紙カバーの有無や、バレットジャーナルに適したノートのサイズなどを見極めるのがおすすめです。あなたにピッタリなノートを選ぶことで、毎日のバレットジャーナル作成も楽しくなるでしょう。自分だけのバレットジャーナルノートを探してみてくださいね。

↓ 種類・サイズ・年代・用途ごとに厳選したおすすめノートをご紹介 ↓

  • この記事を書いた人

うたたぞう

ノートと万年筆が好きな20代エンジニアです。 ガジェットや文房具のブログ「ガジェットノート」を運営しています。 愛用する万年筆は「スーベレーン オーシャンスワール」で、ノートは「ロイヒトトゥルム」が大好きです。

-ノート