ノート

ロイヒトトゥルム1917の赤が際立つレッドドット版

2018-08-16

ロイヒトトゥルム1917のレッドドット版

ロイヒトトゥルム1917の新作アイテム「レッドドット」は、その名の通りドットの色が赤、ノート側面の天・地・小口も真っ赤という、とにかく赤だらけのノートです。

通常版とは別ラインナップになっていて、背表紙はアントラシート(灰色)、ロイヤルブルー、アーミーの3色限定です。

そんなロイヒトトゥルムの新カラー「レッドドット」について、たくさんの写真とともにお届けします!

うたたぞう
「赤」が好きな人にはたまらないノートです!

ロイヒトトゥルム1917のレッドドット版とは?

ロイヒトトゥルム1917は、ドイツ生まれのハードカバーノートです。

シンプルなデザインでページ数がたくさんあり、万年筆で書いても裏写りしにくい、万能で頼りになる最高のノートです。

そんなロイヒトトゥルムに新カラー「レッドドット」が登場しました。

レッドドット版の表

レッドドット版の裏

「レッドドット」版の特徴はとにかく赤っ!

正面からの写真だとレッド感が全然なく通常版のノートと何も変わらずなのですが、いざ少し横から見てみると、とにかく真っ赤。

レッドドット版の斜め上から

レッドドット版の横から

ノートのエッジ部分である天(上側)・地(下側)・小口(側面) が真っ赤でとってもかっこよいです!

レッドドット版のカラー展開

レッドドット版のカラー展開は、背表紙がアントラシート(灰色)、ロイヤルブルー、アーミーの3色限定で、真っ赤なエッジと相性がよくて際立っています。

アントラシート(灰色)

ロイヒトトゥルム ノート ドット方眼 A5 レッドドット アントラシート 357699 正規輸入品

ロイヤルブルー

ロイヒトトゥルム ノート ドット方眼 A5 レッドドット ロイヤルブルー 357698 正規輸入品

アーミー

ロイヒトトゥルム ノート ドット方眼 A5 レッドドット アーミー 357697 正規輸入品

レッドドット版の罫線

ノートのエッジ部分が真っ赤なのも斬新ですが、ノートを開けてみてもびっくり。

公式ページにも記載の通り、ドットの罫線がレッドドットでシャモア色の紙を際立たせてくます。

最初は見慣れなかったのですが、そこまで主張が強くなく徐々になれてきます。

レッドドット版の罫線

レッドドット版の罫線を拡大

The red ink makes the dots particularly stand out on the chamois-coloured paper. We have added red edges as well as a red-striped bookmark to match the colour of the ruling. These features give the RED DOTS edition a distinctive look. This edition is available in the cover colours of Army, Royal Blue and Anthracite.
公式ホームページより

公式ホームページによると、ロイヒトトゥルムの紙の色はシャモア色と言うそうです。

シャモア(chamois)を調べてみると、ヨーロッパの高山域に分布するシャモア属のカモシカのことらしく、灰色がかった黄色とのこと。

モレスキンとかでよくある、主張の強いドットではないので全然気にならなくなります。

レッドドットに慣れてしまうと、通常版の灰色ドットが少し物足りなくなるかもしれませんね。

レッドドット版の感想レビュー

今回レビューするのは、レッドドット版のアントラシート(灰色) A5サイズ(ミディアム)です。

ロイヒトトゥルムのレッドドット版は、とにかく赤いです!!!!

1ページ目の「PLEASE RETRUN TO」も赤いですし、LEUCHTTURM1917のロゴも赤くってかっこよいです!

レッドドット版の1ページ目

天(上側)・地(下側)・小口(側面)が真っ赤なのがすこし気になりましたが、使いはじめて少し立つと全然気にならなくなります。

むしろ、かっこよくみえてきます!

ロイヒトトゥルム1917レッドドット版のまとめ

ロイヒトトゥルム1917の新カラー「レッドドット」をご紹介しました。

  • 斬新なデザインが好きな方
  • ちょっと変わったノートが欲しい方

是非、購入してみてはいかがでしょうか?



もっと他の色をお探しの方は↓の記事がおすすめです!

ロイヒトトゥルム1917のカラー展開
ロイヒトトゥルム1917の色・カラー展開

続きを見る

ロイヒトトゥルム1917
ロイヒトトゥルム1917に関する情報まとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人

うたたぞう

ノートと万年筆が好きな20代エンジニアです。 ガジェットや文房具のブログ「ガジェットノート」を運営しています。 愛用する万年筆は「スーベレーン オーシャンスワール」で、ノートは「ロイヒトトゥルム」が大好きです。

-ノート

© 2021 ガジェットノート