ロイヒトトゥルム1917

ロイヒトトゥルム1917のボールペン「ドレグリフル」

ロイヒトトゥルム1917のボールペン「ドレグリフル」

ハードカバーノートで有名なロイヒトトゥルム1917にボールペンが新登場しました。

かつて1920年代に人気だった回転繰り出し式のペン「ドレグリフル」が名前の由来です。

ペン先は真鍮、ペン全体は六角形、ボディにはアルミが採用されていて、低重心で持ち心地も抜群です。

そんなロイヒトトゥルム1917の「ドレグリフル」を、たくさんの写真とともにお届けします!

うたたぞう
カラーラインナップが豊富で、レトロなデザインが可愛くて女性にも大人気のボールペンです!

ロイヒトトゥルム1917の新商品「ドレグリフル」とは?

ロイヒトトゥルム1917とは、文房具大国ドイツで90年以上も歴史があるロイヒトトゥルム社の代表的なノートブランドです。

シンプルなデザインでページ数がたくさんあり、万年筆で書いても裏写りしにくい、万能で頼りになる最高のノートです。

ロイヒトトゥルム1917をもっと知る

そんなロイヒトトゥルムで待望のボールペンが発売されました。

その名は「ドレグリフル」!

1920年代ごろに人気だった回転繰り出し式のボールペンが名前の由来です。

ドレグリフルのペントップ

ボールペンといえばノック式がスタンダードですが、「ドレグリフル」はギザギザになっているトップのパーツを回して芯を出し入れします。

復刻版であることもありレトロなデザインが特徴です。

ドレグリフルの色ラインナップ

「ドレグリフル」のカラーバリエーションは全部で9種類あります。

  • ホワイト
  • パウダー
  • ベリーニ
  • レッド
  • イエロー
  • セージ
  • ノルディックブルー
  • デニム
  • ブラック

ロイヒトトゥルムのドレグリフルを実際に使ってみた感想レビュー

「ドレグリフル」の「デニム」を購入しました!

パッケージもレトロなデザインで開封もわくわくでした。

ドレグリフルの大きさ

愛用している万年筆「ペリカンのスーベレーン」と比べるとすこし小さいです。

ドレグリフルの書き心地

ペンの長さが短くちょっと書きづらいのかな?と最初思っていましたが、いざ書いてみるとびっくり。

ボディにアルミが採用されていることもあり低重心になっているので、想像以上にペンがスラスラ動くこと動くこと!

普段はシェーファーのインテンシティというボールペーンを使っているのですが、ドレグリフルも大好きなボールペンの一つになりました。

ドレグリフルをペンホルダーに

ロイヒトトゥルムのペンホルダーともちろん相性がよいです。

ドレグリフルをペンホルダーに

ロイヒトトゥルムのペンループ
ロイヒトトゥルム1917のペンホルダー(ペンループ)

続きを見る

まとめ

今回はロイヒトトゥルムの新商品「ドレグリフル」というボールペンをご紹介しました!

もっと他のロイヒトトゥルムをお探しの方は↓の記事がおすすめです!

ロイヒトトゥルム1917の商品ラインナップ
ロイヒトトゥルム1917の種類ラインナップ

続きを見る

ロイヒトトゥルム1917について、もっと知りたい方は下記ページをご参考ください!

ロイヒトトゥルム1917をもっと知る

  • この記事を書いた人
うたたぞう

うたたぞう

ノートと万年筆が好きな20代エンジニアです。 ガジェットや文房具のブログ「ガジェットノート」を運営しています。 愛用する万年筆は「スーベレーン オーシャンスワール」で、ノートは「ロイヒトトゥルム」が大好きです。

-ロイヒトトゥルム1917

© 2021 ガジェットノート